妊活で彼氏ができた
ホーム > > ブル-サファイアの輝きの秘密

ブル-サファイアの輝きの秘密

テレビで、ブルーサファイアの原石を見ました。
白く濁った石の塊で、これが本当にブルーサファイア?!と疑うようなものでした。
白く濁った石の成分は、酸化アルミニウムに酸化チタン、酸化鉄が混じっています。
これを、1800度に熱します。
すると、酸化チタンと酸化鉄だけが溶け出し、混ざり合うようになります。
混ざり合うことで、鮮やかなブルーの輝きが生まれるのです。
ただ、1800度に熱する時間は10時間。溶け具合を確認しながら温度、火力を微妙に調節していかなければ綺麗な色に変化しないため、熟練された技術が必要となります。
また、酸化チタンと酸化鉄の配合比率も大きく関係しており、ピンク、緑、黄色などの様々な色に変わるそうで、これもサファイアと呼ばれます。
自然にできた石を化学の力を借り、人の手を加えることによって、素晴らしい輝きを放つ宝石へと姿を変えることに感動しました。
また、恥ずかしながら道端に落ちている白い石を見ると、もしかしてサファイアの原石かも?と立ち止まることも増えました(笑)
いつかサファイアを買うためにカードローンを組むのもいいかもしれません。
専業主婦でも借りられますからね。
情報の詳細は専業主婦でも借りられるキャッシング44skこちらのサイトです。