妊活で彼氏ができた
ホーム > 現金化 > 過去の借入も関係なくクレジットカードは現金化が可能

過去の借入も関係なくクレジットカードは現金化が可能

どうしてもお金が必要なときは借入をしないといけませんが、お金を借りる場合、限度額に達していたりすればもちろん借入することはできません。多重債務者の救済措置として総量規制が用いられたことで限度額は年収の3分の1が最高となってしまいました。つまり、いくら優良利用者だとしても年収の3分の1以上は借入をすることが出来ないと法律で決まったということです。これによって限度額も下がり借入が出来なくなった人も多くいます。 

 

また、審査の問題もあります。審査をする上で金融業界では共有しあっている信用情報機関というものがありますが、それによって過去に遅延や延滞をしたりといった金融事故があれば、審査に通らなくなることももちろんあります。

大手などでしたら間違いなく審査を通過できないでしょう。

 

じゃあ借入が出来なければどういった方法で現金を手に入れることが出来るのか。それはクレジットカードの現金化というものがあります。これは借金があっても問題なく行うことができますし、もちろん審査もありません。

方法としてはクレジットカードのショッピング枠を利用して、商品の転売などで現金化するという事になります。

もちろんクレジットカードのローンは残りますが、誰にもばれずに手間もなく現金化できるというのは間違いありません。

 

きちんと返済のことも考えて上手く利用することが出来ればクレジットカードの現金化というのは状況に応じて非常に助かる方法になるはずです。

参考サイト:ビックギフト評判